家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


口座について

口座について

普通預金(総合口座):自由に預入、払戻しができる預金口座で、BKの取引のベースとなる商品である。
カード発行が可能で、自動の取引機械(ATM)を利用した預入、払戻、振込などの取引ができる。
当座の預かり金と並び、振り込み金の受け入れ、各、公共料金や代金、CKなどの口座の自動振替えを契約でき年金・給与・配当金の受け取りに指定できるなど、決済口座としても大きな役割を担う。
毎回の最終残高に対し利息がつき、概ね六ヶ月毎に支払われるものの、自由に預入、払戻ができる流動性、また 自動の振替や受取などの各種決済を取り扱うため、定期性の預金に比べ低い利率となっている。
一部のbankにおいては一般の普通の預金と別に、次に挙げるような特典の組み合わされた普通預金が取扱われている。なお特典利用には一定の条件がある。
通帳発行をする事により入出金の時間外のお手数料始め、提携銀行ATM・コンビニエンスATM利用手数料無料利用などの特典利用のできる普通預金
残高基準額のある貯蓄の預金に類似する残高階層型金利が設定され、月ごとに取引残高など一定の条件を満たすことで、入出金の時間外手 数料、提携ATM取引手数料の無料化、融資金利の優遇などの特典利用ができるが、加えてそのような条件を月ごとに満たさない場合は口座手数料の徴収を定める
最初に口座手数料を支払うことで入出金の時間外手数料無料利用、景品ポイントの優遇付与などが特典利用できる普通預金など)。 戦争の前は貯蓄銀行の品であり、普通の銀行には類似商品として「特別当座預金」が存在した。戦争中、ほとんどの貯蓄銀行は普通銀行に合併された結果、 普通銀行が貯蓄銀行業務を兼業することとなったため、商品内容が重複する両者を戦後整理統合した。

総合口座

常識的に1冊の通帳に普通預金とともに定期預金を預け入れられるようになっていて、払戻や自動振替の請求によって普通預金の残高が不足した際に、それらの定期の預金を担保に自動に貸し付けが行われて支払が受けられる(「貸越」という)。貸越利用期間中は担保としているそれぞれの預金利率にplusして貸越 利息が発生する。貸越利息の精算は一年に二回(二月と八月が多い)精算する形を取っている。
さらに金融機関によっては国債や地方債などの公債や 定期積金の契約なども総合口座に預け入れることができ、貸越を受けられる。この他の通帳についても、担保となる定期性預金や債券保護預りが別冊となってい る場合もある(三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行は、普通預金(三井住友銀行は貯蓄預金と合冊)と定期預金・積立預金の2冊分冊型があるところも)。
貸付の返済は、その普通預金口座への入金で自動的に行われる。
金融機関によっては、自動融資が設定されることを理由に、未成年者の口座開設を認めていない場合があり、その場合、普通預金専用通帳による口座開設となる。当然、定期預金口座の開設の場合は定期預金専用通帳となる。
機能から貸越機能を遮断する「(信託)複合口座」というタイプを別に準備している銀行もあるが、一般の普通預金通帳と定期預金通帳の二分冊にして発行することを明言している銀行 もある。 ゆうちょの場合は、送金機能の付いた「通常貯金」・「通常貯蓄貯金」を指す。「総合口座通帳」の場合は、送金機能の付いた「通常貯金」と担保扱いとすることが可能な「定期貯金」・ 「定額貯金」が一体になった通帳を指す。そのため、「saving」を利用する場合は、定期・定額貯金の利用にかかわらず、「総合口座通帳」の冊子が原則発行される。
送金機能の付いた「通常貯蓄貯金」も、この定義から行くと「総合口座」となるが、通帳冊子としては「総合口座通帳」とはならない。

決済用 普通預金

無利息特約付の普通預金。預入した金融機関が経営破綻した場合も、当座預金同様に全額保護される。その他の商品性は 一般の普通預金と同様である。
2005年四月より、民間金融機関の普通預金にもペイオフが解禁(金融機関が破綻した場合、預金保険の対象が一預金者につき元本1千万円とその 利息分に限られる)されたが、あわせて、決済サービス(振込金の受入、自動振替等)を提供し、いつでも払い戻しが可能で、かつ無利息である預金を「決済用預金」とし、これについては恒久的に全額を保護することが預金保険法で定められた。決済用普通預金はこの条件を満たす普通預金として取扱が開 始された。
預入残高に対し金融機関の支払う預金保険料が、決済用預金でない預金より高い料率に定められている。このため、決済用普通預金に対し口座手数料を 定める金融機関(大垣共立銀行など)もある。 総合口座の普通預金も「決済用普通預金」にできるが、その総合口座の担保定期預金などは「決済用預金」に該当せず、全額保護の対象外となる。
ゆうちょの振替口座(日本郵政公社時代までは郵便振替口座)は、発足後は決 済用普通預金(貯金)に位置づけられる。ただし、当面は従前の利用方法とは変更がないため注意。なお、2009年一月からの全銀システム接続に伴 う、他行からの振込の際の預金科目は「当 座預金」となる。 また、有利息の普通預金口座から無利息型普通預金に切換後、再度有利息型普通預金に戻す事ができない金融機関も存在する。不動産賃貸、物件、マンション、分譲マンションやお引越し、入居をされる際、自動振り替えで家賃の支払いをした方が、家賃滞納につながらないですし、管理会社様、不動産会社や入居時に家賃保証会社・保証会社に入られているのであれば審査にも好い印象かと思われます。

当座預金

(当座勘定): 一般に預金者(消費者、事業者、法人) が手形や小切手の支払を決済するための口座で、日本においては法令により、無利息と定められている。ま た、開設手数料を定める(その逆も)金融機関もある。払戻請求は原則、小切手または手形により行う。
預金保険法による「決済用預金」であり、預入した金融機関が破綻した場合も全額保護される。
口座開設には当座勘定の契約が伴い、当該金融機関の審査を経ることが必要である。これは、手形や小切手は現金同様の経済価値を持つ証券であり、振 出人にその決済責任を担いうる経済的な信用が求められるからである。
一般的に大手優良企業が事業に使用する当座勘定であれば当該金融機関は、取引状況を審査する事により当座勘定開設は可能とされる。一方、個人での 開設は近年の日本においては審査が厳しくほぼ不可能である。これは、小切手の発行により当該金融機関に多くの事務的労力を必要とする事情から経済的な信用だけではなく特別な理由が無い場合 には発行を受け付けないためでもある。
預金口座の残高を越える支払請求があった場合、契約した極度額の範囲で金融機関が不足額を貸し付けて支払う契約を結べる(当座貸越) また、借り入れしている金額がゼロになるまでの間は当座貸越利息が別途発生する。預金者はあらかじめ、保証契約を結ぶか、他の預金や債券等を貸し付けの担 保として差し入れる。
このほか、消費者がCard Loanや割賦金の返済を行うための専用口座(マル専口座ともいう)も、決済用の口座である当座預金として 開設されることがある。

貯蓄預金

残高に基準額を設け、最終残高が基準額に達した日について普通預金より高い利率を適用する出し入れ自由の預金。
おひとりのみが口座開設できる。振込口座に指定できるが、口座振替や給与、年金、配当金等の受取には指定できない。おおむね普通預金と同じである。
一部の金融機関においては上記に加え、下回った日について普通預金よりも低い金利を適用する、月毎に無料で払戻せる回数に制限を設けるなどの定め を置いている。
このほか、一ヶ月複利とする金融機二段階以上の基準額を定める金融機関、

定期預金

満期日または据置期間を設定し、満期日まで、または据置期間中の払戻をしない条件で一定の金額を預け入れる預金。決済や手元資金管理の基本である普通預金に対し、貯蓄や中期運用の基本となる預金商品である。金融機関において、期間内流動の少ない資金として貸付や運用が行われることに対応し、期間に応じ普通預金よりも高い利率が付される。戦前の貯蓄銀行では据置貯金と呼ばれていた。商品性の区別としては、下記の通りあげられる。
A・預け入れ期間の長短(一ヶ月〜十年。一般に長期ほど高利率であるが、市場金利情勢により逆転もある)
B・単利・複利
C・預かり入金の額による金利階層の別
D・満期の日、だけの設定の型か、据置期間設定型
E・固定の金利・変動の金利の別
F・自動の継続の有りか無しか
G・運用するにあたっての特約の有りか無しか
中でもデリバティブを組み込み為替や金利変動に対応して払い戻し通貨や満期等が変わるものを仕組預かり金という。

ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.