家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


家賃滞納

家賃の滞納について

家賃の滞納理由は忘れていたり・突然の用事・払う気がない等、様々な事が考えれられます。単に忘れているだけならまだ良いですが、払う気があってもお金がない場合や、中には払う気がない入居者の対応には頭を抱えてしまう大家さんも少なくはないのではないでしょうか。

改善の余地あり

滞納の多くは支払いが一時的に遅れてしまうケースのようです。 改善策とすれば大家さん自身がきちんと毎月、賃料の入金状況をチェックして支払いの遅れが頻繁化したり、未払いの状態が長く続いたりすることがあれば、電 話・手紙などで通知する事により入居者に家賃支払いの意識付けを行なう事が良いでしょう。 改善の余地なし 全く支払う気がない為、居留守・約束を破る等を行なう悪質なケースの場合には裁判などの法的手段により「契約解除」「差し押さえ」「明け渡し請求」などの方法もあります。

法的手段に訴える場合には

滞納が続いていて繰り返し督促しているにもかかわらず支払いがない事を証明する事が重要です。例えば滞納家賃の支払いと支払わない場合に退去・解約・契約解除などを願うという内容を記載した『内容証明』を賃借人に送付する事などが考えれます。 それでも進展がない場合には、訴訟・強制執行により退去を求める事になります。

入居者が行方不明の場合

まず連帯保証人に連絡をとり事情を聞き、家賃滞納分はどうするか・部屋は今後どうするか等を話しあってみましょう。場合によっては連帯保証人の責任において契約者と話し合いのもとで部屋の明け渡しを求める事なども必要です。また、借家人が行方不明になり連帯保証人にも連絡がつかないケースでは、「公示送達」を含めた法的手段に訴える方法があります。このような事態にまで進展する場合には専門家に相談することをオススメします。

家賃滞納などの契約違反

入居者のモラルが一番の原因ではないでしょうか。 家賃が入金予定通りされないと経営に大きく支障をきたす為、契約前の審査や契約書に滞納した場合の処置を記載する事などが重要になってきます。特に審査で は「賃料に見合う収入はあるか」・「以前の入居期間はどれくらいか」・「連帯保証人が親族でない場合などではその理由」などを聞き不動産会社から意見を良 く聞いた上で契約を進めた方が良いでしょう。また入居する人を大家さんが信用できると思わない限り契約は慎んだ方が良いかもしれませんね。賃料が収入の半分以上を占めている人を入居させたのでは「滞納してくれ」といっているようなものですし、前入居期間が短い場合は何らかのトラブル を起こしているかもしれません。疑ってかかるときりがありませんが、入居審査は不動産会社に協力してもらい慎重に行う事が望ましいでしょう。不況が続く今、経済的に安定していない人も増えています。

個人向けのアパート賃貸事業

以前までは比較的安全だと言われてきた個人向けのアパート賃貸事業も滞納者が増えてきた影響で大 家さんの対応ノウハウが必要となってきました。対応ノウハウは、多岐に渡りリスクの少ない強制退去の方法や回収のノウハウなどがあります。あまり滞納して いるからといってあとで法的に訴えられるような立ち退きをさせることもできませんし、かといって滞納されてしまうと、大家としても困る場合も多くなります。

大家さんのリスクを減らす

最近は、家賃保証会社などを利用したりして大家さんのリスクを減らすことが増えてきました。同時に、信用力の調査や保証人の情報をとる場合も増えてきてい ます。契約に関しても色々な注意が必要です。契約する際には、安定した仕事に一定の期間以上住んでいるかといったことや、家賃に支払い能力などの確認を十 分にしましょう。この家賃滞納問題をどう【予防】すればいいのでしょうか。それはひとえに、「入居審査の徹底」と「連帯保証人の確保」だと考えています。入居審査を徹底することで、家賃をきちんと支払うことのできる方に入居していただく。そして連帯保証人(または家賃保証会社)を確保することで万が一の際の備えをしておく。基本中の基本ではありますが、この基本を徹底することが本当に必要だと感じています。
ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.