家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


コンプライアンス

コンプライアンスとは

コンプライアンスは最近多く周りで聞くようになりました。
近年、企業や会社のトラブルやまちがいが内外において多くで起こったことと、無関係ではない。不祥事の発覚によって大きく信用を失ってしまい、企業が破たんする事例が生じていることもあり、法令順守だけの問題でなく、企業の管理という視点でも取上げられるようになってきている。
コンプライアンスとは意味合いとは何か?また、コンプライアンスについて、企業はどのような対応を取っていけばいいか。2点について考え、いろいろなトラブルが起こるたびに、コンプライアンスが声高く叫ばれる。理解についてはいろいろなケースがあり、対応も企業や会社によって異なる。謝罪記者会見などでも、それは明らかです、一般的に法令順守と訳されることが多いので、法令だけを守っていれば大丈夫だという誤解、弊害をもたらしたと指摘する動きは多い、実際、法令などの決まりや規則を盲目的に順守するように強制するものであると法令順守という訳語が充てられたことに原因があるかと、しかし、一見、法令を順守しているように見えながら、裏で忠実かつ誠実に仕事にあたっていないようでは、なくない。何より、形式的に法令を順守するだけでは、変化の激しい時代にあって、現実の新しい問題に対応するのは難しい話。コンプライアンス意識が高いマンション管理会社は、チェック体制がとてもに整っているため、少なくとも基幹事務のクオリティは、そこそこ確保されていると思います。入居者は安心です。 

complianceを辞書で調べると

complyの名詞形で、命令・規則などに従って行動することとなっている。もともとは1960年代、アメリカにおいて独占禁止法違反、株式のインサイダー取引などが発生した時に用いられた法務系の用語であるため、日本では法令順守と言われるようになった。しかし、コンプライアンスには、順守するより意味の強い命令や要求に応じること願いを受け入れることも記してあり、本当の意味とする見方が多くなっていて。そのため、最近では守るべき規範は法令には限らず、少し広義にとらえられており法令のみならず、定款・社内規定などの社内法規、ひいては社会常識や倫理観に則って行動することと考えられるようになってきた。現状、企業の法律や規則は多いが、一説には2000前後あるいは以上とも言われている。憲法はもちろん、民法・商法をはじめ独占禁止法・不正競争防止法・製造物責任法・個人情報保護法・金融商品取引法・労働法・消費者保護法などがあり、監督官庁「命令・指導」などもある。また、営業活動・市場競争の公正さ、消費者などへの情報公開、従業員への職場環境(過労死、セクハラなど)も対象になる。さらには、公務員や政治家との関係、証券市場における取引など、非常に多くの面で高い企業倫理が求められるようになってきている。
企業の存在には、利潤の追求だけでなく、食品のメーカーで例えるとちゃんとした安全な食品を供給してほしい、放送局であれば歪曲されていない、良質ないい番組を流してほしい、社会からの潜在的な要請があり、各種法令にも、制定に至るまでには社会からの要請がある。保険会社不動産会社などの業界ではコンプライアンスを重要視している。法令は常に最新の社会の実情を反映できているわけでなく、司法もまた完全ではない。ゆえに、単に法令のみの遵守に終始することなくまわりからの要請に応えることこそがコンプライアンスの本旨であるというのがフルセット・コンプライアンス論の趣旨である。

フルセット・コンプライアンス論

フルセット・コンプライアンス論では、法令を単純に条文通りに解釈し、「法の抜け穴」を突いたり、過剰に法律を振りかざしたりすることはコンプライアンスに背くこととしており、上記「コンプライアンスとモラル」の項とは矛盾する部分もあると言える。
ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.