家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


派遣について

派遣について

労働者の派遣とは派遣の会社が自らの雇用する労働する方々を、派遣の先の指揮命令を受け、派遣先のために労働に従事させることを基本的にはいいます。
派遣労働者と派遣元事業主との間に雇用関係が、派遣労働者と派遣先との間には指揮命令関係だけがあります。
労働の派遣は雇主である派遣のもとと、就業する派遣先が別々になります。お給料を払うのは、派遣の元です。
派遣事業の種類には、次の二種類があります。一般労働者派遣事業:特定労働者派遣事業以外の労働者派遣事業をいい、例えば登録型や臨時:日雇の労働者を派遣する事業がこれに該当します。一般労働者派遣事業を行うには、厚生労働大臣の許可を受けなければなりません。特定労働者派遣事業:常用雇用労働者だけを労働者派遣の対象として行う労働者派遣事業をいいます。特定労働者派遣事業を行うには、厚生労働大臣に届け出をないといいけないです

常用雇用労働者

・期間の定めなく雇用されている労働者
・過去一年を超える期間について、引き続き雇用されている労働者
・採用時から一年を超えて引き続き雇用されると見込まれる労働者のことをいいます。
次のいずれかに該当する業務は、労働者派遣事業を行うことができません。
・港湾運送業務
・建設の業務
・警備の業務
・病院等における医療関係の業務(当該業務について紹介予定派遣をする場合を除きます。) 次の業務についても、労働者派遣事業を行ってはなりません。 人事労務管理関係のうち、派遣先において団体の交渉又は労働基準法に規定する協定の締結等のための労使協議の際に使用者側の直接当事者として行う業務 弁護士、司法書士、土地家屋調査士、社会保険労務士、公認会計士、外国法事務弁護士、税理士、弁理士、又は行政書士の業務

建築士事務所の管理建築士の業務

 労働者派遣のうち、派遣元事業主が、派遣労働者・派遣先に対して職業紹介を行う(ことを予定している)ものをいいます。 紹介予定派遣は、労働者派遣期間中に、派遣先は派遣労働者の業務遂行能力等が直接雇用するのに相応しいか見定め、派遣労働者は派遣先における仕事が自分に合うかどうか等を見定めることができます。平成十六年三月一日派遣就業が終わる前でも職業紹介・派遣就業開始前又は派遣就業期間中の求人条件の明示、・派遣就業期間中の求人・求職の意思の確認及び採用内定)が可能になりました。また、紹介予定派遣に限り、派遣就業開始前の面接、履歴書の送付等が可能になりました(通常の労働者派遣では禁止されています。)。

その他紹介予定派遣に関するルール

紹介予定派遣の場合は、同一の派遣労働者について、派遣期間は6か月以内です。 派遣元事業主は、紹介予定派遣に係る派遣労働者を雇い入れる場合は、その旨を派遣労働者に明示しなければなりません。 また、既に雇い入れている労働者を新たに紹介予定派遣の対象とする場合はその旨を労働者に明示し、同意を得なければなりません。 なお、紹介予定派遣の場合は、就業条件明示書に紹介予定派遣に関する事項を記載することとなっています。 派遣先が派遣就業開始前の面接、履歴書の送付等を行う場合には、派遣労働者の年齢や性別を理由とした差別をおこなってはならず、

直接採用する場合

ルール(雇用対策法や男女雇用機会均等法に基づくルール)と同様のルールの下に行うこととなっています。紹介予定派遣を経て派遣先に雇用される場合に予定される労働条件のうち、雇用契約期間の定めの有無(期間の定めのない雇用であるか有期雇用 であるか)、年次有給休暇及び退職金の取扱い(労働者派遣の期間を勤務期間に含めて算出する場合にはその旨)については、就業条件明示書に 記載されることとなっています。紹介予定派遣を受けた場合において、職業紹介を希望しなかった場合又は派遣労働者を雇用しなかった場合には、派遣先は派遣元事業主の求めに応じ、 その理由を明示しなければなりません。また、派遣元事業主は、派遣労働者の求めに応じて、派遣先に対し理由の明示を求めた上で、派遣先から明示された理由を、派遣労働者に対して書面で明示しなければなりません。 労働者供給とは、供給契約に基づき労働者を他人の指揮命令を受けて労働に従事させることをいい、労働者派遣に該当するものは含まれません。労働者供給事業 は、労働組合法の労働組合、職員団体、労働組合の団体等が厚生労働大臣の許可を受けて無料で行う場合のほかは、全面的に禁止されています。 不動産関係のお仕事入居などのお手伝い、派遣の業種は様々です。
ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.