家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


企業について

企業について

営利を目的として一定の計画に従って経済活動を行う経済主体(経済単位)である。社会的企業を区別するために営利企業とも言う。家計、政府と並ぶ経済主体の一つ。国や地方公共団体が保有する企業を公企業、そうでない企業を私企業という。通常は企業といえば私企業を指す。日常用語としての「企業」は多くの場合、会社と同義だが、個人商店も企業に含まれるので、企業のほうが広い概念である。
広義の企業は、営利目的に限らず、一定の計画に従い継続的意図を持って経済活動を行う独立の経済主体(経済単位)を指す。

企業分類|法律的形態による分類

専らSPVとして用いられるものは除外した。 公企業(国や地方公共団体が出資・経営する企業)の形態。国営企業:国有林野事業など。独立行政法人:国立印刷局など。地方公営企業:地方公共団体が経営する。上下水道・電力・交通・ガスや公立病院など。
日本国有鉄道・日本郵政公社など。国や地方自治体が出資・経営する特殊法人形態の公共法人。日本道路公団・本州四国連絡橋公団などで、多くは廃止・民営化が進められている。

私企業として利用されることが想定された企業形態

個人企業:民法上の組合:任意組合とも。無限責任を負う出資者(組合員)からなる。一定の場合には有限責任を認める議論も。
匿名組合:無限責任を負う営業者が、有限責任を負う匿名組合員により出資を受けて事業を行う。投資事業有限責任組合:無限責任組合員と有限責任組合員からなる。有限責任事業組合:有限責任を負う出資者(組合員)からなる。
合名会社・一名以上の出資者で構成し、無限責任を負う。
合資会社・二名以上の出資者で構成し、無限責任社員と有限責任社員からなる。
合同会社・一名以上の出資者で構成し、有限責任を負う。
株式会社・一名以上の出資者で構成し、有限責任を負う。
旧有限会社・五十名以下の出資者からなり、有限責任を負う。
旧株式合資会社・無限責任を負う社員と有限責任を負う株主からなる(昭和二十五年改正後商法の施行により昭和二十六年七月一日以後の設立は不可、施行後5年の経過期間で株式会社に移行または解散した)。

一般社団法人:一般財団法人

公益社団法人:公益財団法人: 旧中間法人:分野別公益法人:学校法人:宗教法人:医療法人:社会福祉: 職業訓練法人:特定非営利活動法人
協同組合:中小企業等協同組合法などに基づいて中小企業や消費者の相互扶助を目的とする組織。出資者(組合員)は有限責任を負う。
農業協同組合/漁業協同組合/生活協同組合/その他
特殊法人形態:日本私立学校振興・共済事業団など
認可法人形態:日本銀行、日本赤十字社など

出資や営利性の観点からの分類

第一セクター、第二セクター、第三セクター、第四セクターをそれぞれ参照。
規模による分類:会社の場合にあって、資本金によって分類した例。
大企業 : 資本金十億円以上
会社法第二条六号の「大会社」の定義 : 資本金五億円以上または負債額二百億円以上
中堅企業 : 資本金 一億円以上十億円未満
中小企業 : 資本金 千万円以上一億円未満
中小企業基本法第二条の中小企業者の範囲の定義 : 資本金三億円以下ならびに常時使用従業員数300人以下、など
零細企業 : 資本金 千万円未満
中小企業基本法第二条五項の「小規模企業者」の定義 : おおむね常時使用する従業員の数が二十人(商業又はサービス業に属する事業を主たる事業として営む者については、五人)以下
企業の土地所有面積等について、法人所有の土地面積の44%を占める資本金1億円以上の全企業(法人全体の2% )を対象に調査を行い、毎年の企業の土地所有状況を把握し、公表しています。 上記は一つの例であり、分類方法はいろいろあるので各項目を参照のこと。

部署と社員の構成

現在の日本において企業形態として最も一般的なのは株式会社である。各会社によりその部署と社員の構成は異なるが、部署について概ね一般的と言えるのが、代表取締役会長若しくは社長を中心とした取締役などの役員により構成された取締役会を頂点とし、総務部、人事部、営業部、開発部、その他の事業部などの部署を置くのが通常多くみられる例である。 社員部の職位については、主に役員・重役の職とされる会長、社長、副社長、専務、常務、その他の取締役、支社長や部長、次長、課長または班長、係長などの管理職、主任及び課員などの社員により構成されるのが一般的といえる。
職種は、大きく総合職と一般職と分けられる例が多いが、近年は技術職など様々な職種をとる他、正社員の他に契約社員、請負社員、派遣社員、アルバイト・パートタイマーなどの労働形態の相違も多く見受けられる。 さらに、就職活動前または就職活動中の学生を対象に採用するインターンも企業において労働しているケースがある。企業・工場の電気代の節約方法 小さい節約を行うよりも思い切って節約できる方法があります。 経費の削減の考えや単に社員に発破をかけても出てこないのが発送でして方法がございます。

主な日本の企業

業種別による企業の一覧。業種名称は証券コード協議会が定める業種区分に基づく(したがって、株式会社として上場可能な私企業についてのみの分類であり、公企業や、いわゆる士業の企業は含まれない。
水産・農林業/電気・ガス業/水産・農林の企業/鉱業の企業/その他金融企業/空運の企業/建設業/建設の企業/製造業/食料品/繊維製品/パルプ・紙の企業/ 精密機器/保険の企業/医薬品/石炭製品一覧/ゴム製品/土石製品の企業/化学の企業/鉄鋼の企業/金属製品の企業/機械の企業/電気機器/輸送用機器企業/その他製品の企業/商業/卸売業企業/小売業の企業/金融・保険業/銀行/非鉄金属の企業/証券・商品先物取引/不動産業/不動産(物件・入居希望のお手伝い)/運輸・情報通信業/陸運の企業/海運の企業/倉庫/運輸関連/情報・通信/電気・ガスの企業/

ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.