家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


保証会社について

保証会社について

保証会社の利用とはどのようなものか:マイホームの購入に際して住宅ローンを組む場合には、万が一本人が返済できなくなった場合に肩代わりすることを約束する連帯保証人が必要になります。

金融機関指定保証会社

一般的には、個人の連帯保証人を立てることは少なく、金融機関が指定する保証会社に連帯保証を依頼することが多いです。連帯保証とはどのようなものですか?連帯保証という制度は、民法に定められている制度です。

請求について

連帯保証人は、住宅ローン契約者本人(債務者)と同等の返済義務を負うことになっていますので、債務者が返済不能になったときには、金融機関(債権者)は債務者と連帯保証人のどちらに請求してもよいことになります。実務上は、連帯保証人に通常の返済の請求がくるわけではなくて、契約者本人の滞納が続いて、返済不能になった段階で請求がくることになります。実際には入居者などの連帯保証人になってくれる人はなかなかいませんので、保証料の支払いを条件に保証会社に連帯保証人になってもらうのです。

住宅ローンを組む金融機関

保証してくれる機関というのは、住宅Laonを組む金融機関によって異なります。 民間住宅ローンの場合は、金融機関が指定する信用保証会社を利用することになるのですが、複数の保証会社がある場合には、どこに保証を委託する かによって保証料やLaon金利が異なるケースもありますので、しっかり確認しておくことが重要です。

保証料0円の民間住宅ローン

なお、最近は保証料が無料の民間住宅ローンもあります。ここでは、本審査を行う信用保証会社について もう少し掘り下げていきます。普通、借金をするときには連帯保証人が必要になることは、お金を借りたことの無い人でもTVや本などでの知識なのです。
住宅ローンもお金を借りるわけですから、万が一返済できない、代わりに払う人が必要になります。 そんな大きな金額の保証人になる人なんてなかなか居ませんから、住宅ローンの信用保証を行うために信用保証会社と呼ばれる、信用保証を行う会社が存在します。 払えなくなったときに代わりに返済をするわけですから、仮審査の後、連帯保証人となる信用保証会社による厳しい本審査が行われるのです。
住宅ローンを借りるときに支払う保証料は、この家賃保証会社に支払います。 また、支払いが滞って、信用会社が債務を引き取った場合でも、借りている人の住宅Laonが無くなるわけではなく、信用会社からの返済を求められます。あくまで立替返済が行われるカタチになるのです。
住宅ローンにおける保証会社の役割というのは、自分の保証人になってくれるわけですね。もし仮に借り入れ人が返済できなくなった場合には保証会社が代わりに払ってくれることになります。
それだけ聞くと結構な仕組と思うかもしれませんが、団体信用生命保険と違い、保証会社は返済を許したり、減免したりしてくれません。借り入れ人から見れば、返済する相手が銀行から保証会社に代わるだけで、返済を続けないといけないことには変わりはないのです。
そういう意味ではまさに銀行のためにあるような制度で、借り入れの人には何のmeritもないのですが、なぜかその保証料を借入人が支払わないといけません。
保証会社というのは通常は銀行の関係の保証会社です。借り入れの人から見れば銀行も保証会社も同じグループいわば一体のようなもので、そのgroup内の保証関係に借り入れの人が手数料を支払わないといけないという、なんとも少し変わった制度になっています。
しかも繰り返しになりますが借入人には何のmeritもありません。 加えて、その保証料というのが結構高いですね。三千万円×三十年の借り入れの場合、保証料は六十万円を超えてきます。実質的に借入れ金額の二%になるわけですね。これは結構な金額です。
最近ではそういう、意味不明な保証制度を使わない銀行も増えてきました。保証料不要をうたう銀行はおおむね、保証会社ではなく自分自身がしっかり審査をし、リスクをとって貸し出しを行っています。だんだんそういう流れになっていくのではないでしょうか。
今のところ大きい銀行では、ほとんどの場合、保証会社を利用しないといけません。そういう場合、実質的に保証会社が貸し出しのリスクをとることになるので、保証会社、不動産審査を通る必要があります。 ただ実際には銀行と保証会社は一体で運営されていますので、銀行の審査=家賃保証の審査です。特に保証会社の審査を意識する必要はありません。銀行の審査を通ること=保証会社の審査を通ること、と考えておけばよいでしょう。
ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.