家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


不動産投資について

不動産投資について

不動産投資は、わかりにくいなど投資には多い金額の資金が必要になってきます。お金を持っている人がする物。と考えている方も多いでしょう。 投資とはマンションやアパートなどを購入し、購入した物件を賃貸したり、他者に売却することによって収益を得るのことを言います。 最近では、購入したマンションやアパートなどを賃貸して得られる家賃収入を期待する不動産投資が主流となっています。 不動産投資には、大きく分けて3つの種類があります

区分マンション経営

1Rも含め、mansion一室を購入し、賃貸用として定期的な家賃収入をえる不動産の投資を言います。一棟を丸ごと購入するような不動産投資に比べて、少額資金で始めることができるため、若い世代に人気があります。

一棟マンション経営

空室の割合の低さにあります。アパートと比べ、設備・防犯が充実しているため、例え空室になっても次の入居者がすぐに見つかるケースが高いと言われています。 但し、建物以外に土地代も含むため、購入価格が高くなるデメリットがあります。

アパート経営

メリットは、他の物件と比べ利回りが高いことです。 但し、耐用年数がマンションよりの古い物件によっては、購入後に思わぬ修繕費用が発生することもあります。また、一棟マンション同様に、建物価値がなくなったとしても、最後には無担保の土地が残りますので、その後の活用が期待できます。 不動産投資ではよく「利回り」という言葉が使われます。利回りとは、支出に対する利益率のことを言い、表面利回りと実質利回りの大きく2つがあります。

表面利回りは

投資する不動産の年間的な家賃収入を、物件の価格で割った数字を指します。但し、不動産投資会社への委託手数料や固定資産税などの税金のほか、修繕費用なども含んだ計算になります。

実質利回りは

表面利回りに税金や手数料、修繕費などを差し引いて計算した利回りが、実質利回りになります。 不動産投資は、一般的に ミドルリスク・ミドルリターンの投資と言われてており、魅力も多いのですが、リスクも当然あります。ここで、不動産投資の魅力とリスクの両方を知ることで、より不動産投資について学ぶことができます。 少額の自己資金で始めることができる不動産投資の魅力 不動産投資には多額の資金が必要と思われがちですが、入居予定の方ローンを組むことで少額の自己資金から始めることもできます。ローンの金利以上の運用を行なうことで実質的には金利負担がなく返済することができるのです。

インフレ対策

長期的な視点で見た場合、景気が好転してインフレになると、現金や預貯金などは目減りする傾向がありますが、不動産の資産価値や家賃収入は上昇することが多いのでインフレに強い投資方法を言えます。 空室・家賃滞納の可能性不動産投資のrisk 不動産投資の主な収入源は家賃収入です。家賃滞納者が居ると、空室と同じで家賃収入がなくなるので、予定していた利回りを確保できないことになります。投資したアパートやmansionが常に満室になると限らず、また入居者様が退室後も、入居者が決まるとは限りません。ただし、このよう な場合、家賃保証制度を利用することで解消されることが多いので、不動産投資会社に確認するとよいでしょう。

年金の確保

少子化傾向にある現代は、公的年金と貯蓄だけでは、今後の老後生活に不安が残ります。マンションやアパートを投資物件として購入し、定年までにローンを完済すれば、老後に支給される公的年金だけでなく、安定した家賃収入を得ることができます。 ローンを利用して生命保険の代わりにする mansionやアパートをloanを組んで購入する場合には、団体信用生命保険の加入が必要となります。例え債務者が死亡や高度な障害などに見舞われ ても、団体信用生命保険が適用されるため、ローンの残債は保険会社が変わりに完済してくれます。したがって、残されたご家族の方には債務不要の物件が残る ので安心できます。節税の効果が期待できる 家賃収入は不動産所得として給与所得とは別に申告が必要となります。告げる際に計上される必要な経費には、減価償却費や管理費、loan金利などがあ り、その分の赤字を現在の所得と損益通算することにより確定申告で所得税の還付を受けることができます。同様に住民税も減額されるのです。

不動産の老朽化と修繕のコスト

月日が経つにつれ、建物の老朽化は避けられません。老朽化した建物をそのままにしておくと、新たな入居者も決まらず、空室のリスクが高まります。 安定した入居者を確保するためにも、常に物件を最良の状態に維持する費用が必要となります。予め長期的な修繕計画を立てておく必要がありそうです。
ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.