家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


弁護士

弁護士とは

法廷で主張、法手続において被告人の弁護人弁護士に依頼しなくても,本人自身でできますが・当事者の代理人として・弁護等を行う他、各種の法律に関する事務をおこなう業であり、あるいはその資格を持っている方をいう。弁護士は、法律相談、当事者の代理人として、各種の法律に関する事務処理や主張・弁護活動等を行うことで報酬を得る。破産、民事再生、会社更生法の申請などの法的倒産処理手続やこれに関連する管理業務などの法律事務を行い、関連する法律相談も行う。また刑事訴訟では、弁護人として被告人の無罪を主張し、あるいは適切な量刑が得られるように、検察官と争う。なお、弁護士と弁護人は別の概念であり、弁護士は、弁護人の立場になることのできる代表的な資格である。また、検察審査会が起訴議決した場合、検察官として職務を行う。また同様に、公務員職権濫用等の犯罪について、検察官の職務を行うことがある。日本での弁護士は、民事訴訟では、原告・被告等の訴訟代理人として主張や立証活動等を行うとされている。一般民事は、個人から委任される民事上の一般的な法律問題を扱う分野である。一般民事はさらに、過払金返還・保険金請求・示談交渉・土地問題、個人の破産や再生などである。一般民事を取り扱うことの多い分野としては、他には、家事、消費者問題や労働問題、一般企業法務などもある。家事とは、離婚や相続など、家事事件に関する法律問題を扱うものである。しばしば渉外案件となる。消費者問題は、消費者と企業の間の紛争を取り扱うものである。労働問題は、労働者と使用者の間の紛争を取り扱うものである。一般企業法務は、後述する企業法務に属する。広義の企業法務とは、主として企業を委任者とする法律問題を扱う分野である。企業法務(広義)は、多くの場合、狭義の企業法務、金融法務、税務、知的財産、倒産・事業再生、紛争処理などの分野に分かれている。いずれの分野も渉外案件を含み得る。狭義の企業法務には、一般企業法務、ガバナンス、M&A、労働問題などが含まれる。金融法務は、金融規制、アセット・マネジメント、証券、保険、銀行などを扱うものがある。刑事とは、主として被疑者や被告人の弁護を扱う分野である。公判における法廷活動だけでなく、不起訴に向けた活動、示談交渉や保釈請求、勾留中の被疑者・被告人と外部との連絡役なども含まれる。その他のカテゴリーとしては、行政事件や人権に 関わる事件などがあると思われる。しかし、依頼主によって一般民事ないし企業法務との位置づけも可能である。結局のところ、各分野は相互に重なり合う部分があり、その区別は基本的に相対的なものである。

日本の弁護士の営業活動

地方裁判所管轄区域ごとに置かれる弁護士会、日本弁護士連合会が弁護士の監督を行う。これらの弁護士の公権力からの自立性を弁護士自治という。これら弁護士の懲戒については、各弁護士会あるいは日弁連の綱紀委員会、懲戒委員会が行うが、弁護士の関与なしに学識経験者等が判断することが可能となっており、不公平、身内びいきであるという批判も強い。弁護士会及び日弁連は強制加入団体と なっており、弁護士登録をする者は、各弁護士会と日弁連に対し会費を拠出する。弁護士の組織活動 弁護士活動の法人化を認める弁護士法の改正がなされたことから、一部の法律事務所は法人化しており(その場合の名称が「弁護士法人」である)、法人化した場合には、事務所を複数持つことができるなどのメリットがある。経営弁護士が複数の場合、組織法的には、民法上の組合や弁護士法人がある。日本の法律事務所は規模は小さいが、近年は合併などにより大型化し、大人数の事務所は東京や大阪に集中している。また最近は、企業に直接雇用される弁護士や、行政庁において勤務する弁護士もわずかずつ増えている。一方、法的観点を離れた組織のあり方としては、共同事務所と個人事務所といった種類がある。扱う案件の内容によっては、渉外事務所とブティックなどのような分類がされることがある。一般に弁護士が所属する事業体を指して弁護士事務所又は法律事務所と表現することがあるが、法的にはこれらは、単なる1人の個人事業か、任意組合か、あるいは弁護士法人である。日本の弁護士の多くは、法律事務所において自ら経営するか、または勤務して活動している。最近ではマンション管理費の滞納問題による相談も増えているようで不動産会社は頭を抱えることが多いようです。 宣伝広告 ・以前は、弁護士は、職業の性格上、宣伝広告をすべきでないという考え方が一般的で、弁護士や法律事務所の広告は法律で規制されていた。この規制撤廃され大都市を中心に債務整理、破産手続等を担当する法律事務所を中心に、広く一般に対する広告が増えてきている。交通事故や保険会社に入っていてどのような対応をしたらよいのかなどご相談したほうがよさそです。 日本の弁護士の収入・所得・自営業者の場合と、被雇用者の場合に分けて解説する。なお政府の統計によると、弁護士の九十四%は自営業者であり、被雇用者は6%に過ぎない。 賃貸不動産(入居の件)の立ち退きに関してや、トラブルに関しては、弁護士に依頼する →知り合いの弁護士がいないのであれば、不動産会社もしくは地方自治体の相談窓口・弁護士会に相談してみるとよいでしょう。 自営業者の場合・上述の通り弁護士の94%は自営業者である。いわゆる居候弁護士でも、自営業者として組合に参加している場合が多く、必ずしも法律事務所を経営しているわけではない。各年の弁護士白書によると、自営業者の弁護士の収入・所得の平均値・中央値は以下の通りである。 なお、この調査は自己申告によっているため、正確な所得を捕捉できているわけではないことに注意する必要がある。
ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.