家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


マンションについて

マンションについて

マンションという語は、日本のデベロッパーが、昭和30年代初めより一部の限られた階層を対象に、公団住宅などとは一線を画した高級路線の集合住宅を、高級感をイメージするために「Mansion 」と銘打って売り出したことに由来するという。
その後、対象とする層を広げて多様なものが土地開発、販売されるようになっても、「マンション」という呼び名が定着した。しかし、英語では、Mansion(英)は、主に豪邸を示す言葉であり、日本語で言うような「共同住宅」を意味する一般名詞として用いられることは、ほとんどない。イギリスではより限定的に、Mansion Houseといった場合は市長公邸、Mansion blockといった場合は高級なアパートを指す。

日本のMansion

比較的大規模な共同住宅で独立して住居の用に供することができる各室を有するものを指す。また、同じく共同住宅を指す「アパート」という言葉が、小規模なもの、木造や軽量鉄骨造のもの、賃貸物件を指していることが多いのに対し、「Mansion 」という言葉は比較的大規模で、構造としては基本的には鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造で区分所有(建物の区分所有等に関する法律-区分所有法)されるものが多い、という相違点がある。コンプラインス意識の高いマンション管理会社の場合は、社内の会議だけではなく、頻繁に社内外での監査業務を行なっています。なお共同住宅は住宅の建て方を示す用語で、一戸建、長屋建(タウンハウス)と並んで分類されている。 ソリューション事例としてマンション用の駐車場などの共用部をモニタリングするカメラシステムをご提案している所もあります。

バブル景気

都心での土地高騰の影響や入居する方やリゾートブームなどで郊外における建設が多く、またユニークで多種多様なものが提案され、中には、温泉つき、フィットネスクラブつきなどのマンションもあったが、区分所有者が管理せねばならず、また管理費等がかさむことがわかり、現在では人気は衰えている。二〇〇一年以降の都心の地価下落による開発コストの低下に伴い、全国的に大都市の都心部にMansion 建設が数年続いた。
古くなった内装、設備や間取りを、リノベーションによって再生させるなどマンションは、都市部における住居形態として重みをもつ。日本では、国土交通省が行った調査では、二〇〇九年末において、全国の分譲マンションストック戸数は約五六二万戸としている。
なお該当調査における、マンションとは「中高層(3階以上)で分譲・共同住宅、鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリートまたは鉄骨造の住宅」を示すように、「Mansion 」の定義が一定しなかった時期が長く、2010年現在も、その傾向が残る。
また住宅について、事業者の種類に応じて分譲、賃貸、コーポラティブハウスに 分類される。このうち分譲とは、事業者が不動産会社(事業者宅建業法第三条第一項の免許を受けて宅地建物取引業を営む者)であって、住戸ごとに区分し売買 するものを言う。
したがって「分譲マンション」とは、鉄筋コンクリート造ないし鉄骨鉄筋コンクリート造の共同住宅のうち、事業主が不動産会社で住戸ごとに 区分し売買するものを示している。

マンション管理の法律

法令用語とされた。同法における定義では、複数の店舗や事務所と居住、不動産投資などの住居となる専有部分が 一戸以上ある建物で、区分所有者が最低二名以上いること。
これには設備や土地も含まれる。これは、同法でいうマンションが区分所有法の適用対象でもあると いうこと、「この法律は、土地利用の高度化の進展その他国民の住生活を取り巻く環境の変化に伴い、多数の区分所有者が居住するMansion の重要性が増大し ていることに鑑み(以下略)」とされていることからもわかるように、分譲Mansion における管理を想定したものであるため、オーナーが1人で賃貸に供され ているMansion などは、ここではMansion とされない。
ただし、二人以上いた区分所有者が一人になった場合でも、区分所有法は適用される。マンション管理業に携わる方々は、管理組合や区分所有者から様々な相談を受けることになります。相談の中には、法的相談も少なくないそうです。法的相談に、弁護士の方がサポートをして下さるようなので詳しいことは聞いたほうがいいみたいです。マンション購入後の必要経費は、管理費、修繕費などがあります。 二〇〇四年、国土交通省は、「中高層共同住宅標準管理規約」の改正に当たり、「分譲の中高層共同住宅を指す法令用語として『マンション』の用語が定着している状況」を理由に、名称を「マンション標準管理規約」と変更した。
日本は、Mansion 学事典(三-五頁)で、Mansion 草創期(一九五〇年代-一九六〇年代前半)、Mansion 大衆化期(一九六〇年代後半-一九七〇 年代)、Mansion 質向上期(一九八〇年代-一九九〇年代前半)、多様ストック形成期(一九九〇年代後半- )の四期に分けられている。マンション草創期は、「マンション」の語源にも関係するように一般庶民には無縁なデラックス志向のものに限られ、その一方で建物の区分所有が広まり始めた事を受け区分所有法の制定などがあった。Mansion 大衆化期は、Mansion の普及が促されるに伴い徐々に住宅ローン制度が広まる、その一方で後述する建設時などのトラブルが表面化し出した時期でもある。Mansion 質向上期は、建築技術の進歩、バブル景気な どの好景気を受けて、高層化の進展、居住性の向上も進んだ時期である一方で、Mansion 草創期等につくられたMansion の大規模修繕、建替えの必要性の問題が表面化してきた。オートロック、警備会社通報システムなどを設置。その後の時期は、保険会社の利用が増えられたり単身世帯の増加、高齢化の進展などを背景に、想定される利用者層などが様々なタイプのMansion が市場に登場している。
ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.