家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


引越し

引越しとは

お引っ越し未経験の人は知らないかもしれませんが、引っ越し料金は定価というのがないため交渉次第でもの変わるものなのです。引っ越し業者の提示する金額で契約してしまっては損してしまう可能性が高いので、これから引越しの予定がある人は、これから記載するのを参考にして頂き、業者選びをはじめてもらえればと思います。少しでも安くお引っ越したい人は、こちらのページに引っ越しについてご参考になることを書いたので、引越し業者を選ぶ前に確認しましょう。安く引っ越すコツを知っているかどうかで〜万円以上の差が出ることもあるので必見です。 1人暮らしの引っ越しの場合、荷物が多くはならないので、ご友人や親戚に助けてもらって、自分の力でご入居、引っ越しをしようと思う人もいるはずです。この方が安く引っ越せるのではないかと思えますが、実は素人だけで引っ越そうとするのはかなり大変だし、しかも意外と金額的なものもかかります。

ご自身で単身引っ越す場合のメリット

1・完全に自分のペースで作業を進められる。
2・不動産業者や引越し業者との打ち合わせの手間を省くことができる
3・運ぶ荷物の量や種類などによる制限は一切ない
他にもあるかもしれませんが、だいたいのメリットはこの3点です。

デメリットとして

1・素人が作業をするため、荷物や壁を傷つけやすい
2・引越しを手伝ってくれた友人たちへの謝礼が必要
3・レンタカーレンタルやガソリン代に2万円程かかる
4・万が一トラブルが起きても、補償がなく自己責任
5・重労働と気配りにより、心身ともにかなり疲れる
6・雨天決行の場合、引越し作業がさらに大変になる
と、実はけっこう色々な問題点があることが分かると思います。
特にやっかいなのは、荷物や壁などを傷つけてしまった場合の対応ですね。

雨が降ったら

お引っ越し当日その日に雨が降ったら、引っ越しをする気も少しなくなってしまうと思いますが。雨で道路が渋滞、天気のいい日よりも時間がかかってしまうかもしれません。荷物も運ぶ従業員さん達も雨で濡れてしまうし、通常でさえ大変な引越しが更に大変になりそうですが、引越しは天気が悪い日、例え雨が降っている状況であっても実行されます。なぜならば、標準引越し運用約款に次のように定められています。原則として、業者側から引っ越しのお断りはできない。ただし山崩れ、地震、洪水、、地すべり、暴風雨、津波、その他の天災時は例外!!このように、雨が降っても業者側が引っ越しのお断りあるいは延期することは基本ございません。
ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.