家賃保証会社 トリプルエー ホールディングス


リノベーションについて

リノベーションについて

大きな意味では、一般に言われる『リフォーム』と同様、 建築物の改築・改装のことをいいます。 しかし、リフォームが「古くなったから新しいのに取り替える」「壁紙が汚れたから貼り替える」など、 マイナスの要素があってそれを直すことを第一目的にするのに対し、いわゆる修理・修繕ということ よりも「より豊かに、心地よく、空間を一新し、今の環境に合わせる」というプラス志向の動機で、 建物をつくり変えることを、「改革・刷新」の意味もあるrenovationという言葉を使うように なりました。

環境

近年の新築物件では、シックハウス対策及び24時間換気等、住環境に配慮されていますが昭和の高度成長から以降の住宅では 有害物質が多く含まれています。単なるリフォームだけでは改善はできません、リノベーションを行う事により抜本的改善が成され住環境にやさしい又、人体に やさしい住まいに生まれ変わります。  一言でいう環境は物質等だけでなく、住まいの動線改善による機能の改善にもあり、高齢者の介護住宅への改善もリノベーションを行う事により良い環境を得る事が可能になります。 コスト 資材の高騰や産業廃棄物の処理などの様々な要因が住宅コストに跳ね返り、建替えに踏み切れない状況かも知れません。 renovation住宅では、再利用出来る資材は(基礎・軸組)活用し補強しながらの施工方法となるために、新築住宅に比べコストを抑えられます。 また高齢者住宅では、不必要になった2階部分を撤去し、床面積を縮小し固定資産税等を低く抑える事も可能であり新築住宅の課税に比べrenovation住宅で は、現に登記されている家屋であり、オール電化を用いることによりライニングコストを抑えるメリットで生涯計画への不安も軽減出来ます。

社会(地震・天災・防犯)

地球温暖化による異常気象、福岡でも信じられなかった地震や治安悪化による犯など様々な不安がある昨今、どうやって資産を 守るかが今後の課題でもあり、renovation住宅では、様々な問題を抜本的に見直し、耐震・漏水対策やセキュリティーの提案などが可能となりま す。 renovation住宅の技術 リノベーション住宅を行う上で最も大切なことは、7代続く技術経験と設計(知識)既存の家屋を隅々まで見る目が必要です。 現代の木造建築事情では、プレカットの普及により機械化が進みコストの削減がより優先され、技術力の低下とバブル崩壊後の需要低迷により技術者の高齢化により、若者の技術者は育っていない状況です。

お求めやすい価格で住宅を

renovationは、技術の再生も含まれているのかも知れません。 renovationの素材となる中古マンションは、新築に比べて価格も手頃です。 renovation済みマンションを購入する場合でも、中古マンション分譲マンションを購入してリノベーションする場合でも、全体のコストを抑えることができます。 その分、自分の趣味やレジャーにあてれば、暮らしの豊かさにもつながります。

生活にあった暮らしを

経年によって古くなった内装、設備や間取りを、リノベーションによって再生させることができますから、中古マンションでありながら、現代の生活にあった住まいに生まれ変わらせることができるのです。

購入してすぐ入居

不動産物件を購入される場合、さまざまな事情で入居までの時間がないことも多いと思います。 そうした場合も、リノベーションが既にされていますので、新築や注文住宅のように、入居までに時間がかかることなく、キレイで快適なお部屋に即入居が可能です!

エコになる

これまでのように古い建物を壊して建て替えることの繰返しでは、産業廃棄物が大量に発生してしまいます。 リノベーションなら躯体を活かして再生させるので廃棄物の量も抑えられる、地球環境にとても優しい手法なのです。省エネルギーにもなりますしエコにもなります。
ページ上へ戻る

Copyright (C) 2009 家賃保証会社AAA HOLDINGS. All Rights Reserved.